東高円寺|骨盤矯正・筋膜リリース・内臓機能調整・小顔整顔

Re:flow|リフロー|整体

 050-5881-2437

ご案内

ご予約・お問い合わせ

Blog 解剖学

骨盤についてのお話 ②

投稿日:2017-08-03 更新日:

前回、骨盤の役割についてのお話でしたが、
今回はもう少し詳しく、骨盤内の名称のお話です。

 

 

 

 

 

 

 

~骨盤内の名称について~

・真ん中にあるのが仙骨
(⇒ 立位で後ろ手に組むと、手の甲に当たるのが仙骨: 『応援団ポーズ』)

・左右を挟むようにあるのが腸骨
(⇒ 立位で腰に手をやると、自然と添えられるのが腸骨: 『腰当てポーズ』)

・下前方に位置するのが恥骨
(⇒ 立位で前に手を重ねると、指先に当たるのが恥骨:  『接客ポーズ』)

・底面に位置するのが坐骨
(⇒ 名前の通り、椅子に座ると底面に当たるのが坐骨:  『座位ポーズ』)

・仙骨のさらに下に連なるのが尾骨
(⇒ 体育館座りで身体を後ろに傾け床に触れるのが尾骨: 『体育館座りポーズ』)

 
 

ポーズの名前はあくまでイメージですが笑

名称だけでなく、実際に手で触れたり、感触を味わうとと、その存在を実感しやすいので、

お試しになってみてください(^^)

 

さらに、話を進めますと、

腸骨、恥骨、坐骨の3つの骨は、合わせて寛骨と呼び、

寛骨臼という凹みの中で、Y字状に隣接しあっています。

成長過程においてこの部分は軟骨(Y字軟骨)であり、完全には癒合してません。

ですが、成長期を終えるあたりで完全に癒合し、

最終的に寛骨という一つの骨を成します。

 
 
ちなみに、寛骨という名称、

腸骨よりマイナーであまり聞きなれないとは思いますが、

寛骨臼における臼蓋形成不全といった疾患もありますので、

知識として、覚えておく分には良いでしょう。

 

 

最後に、

真ん中の仙骨と左右の腸骨の間で成す、仙腸関節

この仙腸関節、動きは0.5~2mm程度とわずかな動きのため、半関節と呼ばれます。

ですが、身体の中心に位置し、運動の要めとも言える重要な関節です。

また、この仙腸関節の問題による腰痛(仙腸関節性腰痛)などもあり、

非常に重要な関節と言えます。

 

次回は、この仙腸関節についてのお話です♪

 

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+
お身体の症状でお悩みの方は、東高円寺の整体院「Re:Flow(リフロー)」まで

~ コース案内 ~
初回の方、お身体の症状改善を希望の方にお勧めのコースです!

Re:Flow - 整(セイ)- コース
『身体のバランス、機能を整え、
痛み、しびれといった症状の緩和ケアを行います』

内容: 筋バランス調整、筋膜リリース、背骨、骨盤矯正
(原因によっては、症状と離れた部位に施術が集中する可能性もあります)

○以下の方にお勧めのコースです。
・初回の方
・マッサージなどで改善がみられない
・猫背、ストレートネックが気になる
・首、肩周りがこりやすい
・背中から腰にかけて張り感が強い
・反り腰の姿勢が気になる
・腰が固まったように感じる
・長時間の座った姿勢がつらい
・眼が疲れやすい
・歩行で左右のバランスが悪く感じる
・膝の曲げ伸ばしがつらい、痛みがでる
・腕が何となくだるい
・首、肩の緊張に伴い頭痛が出る
・指先を使うことが多く、痛みがでる
・手や足に軽度のしびれがある
・肩の動作がスムーズにいかない、痛みがでる
・スポーツ、趣味などパフォーマンスを上げたい

時間: 60分
料金: 5000円

ご予約はこちらまで。
メールフォーム
http://b-reflow.com/contact

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

-Blog, 解剖学

Copyright© Re:flow|リフロー|整体 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.